轍 《わだち》



いつの間にか 降り始めた雨が

いつの間にか 雪になる

降る雪はいつも 街をかえる

降る涙(あめ)はいつも 心を濡らす



降る降る 雪が 降る降る

こんな街にも

降る降る 冷たい雪が

こんな街にも



君に会いたくて 夜汽車に飛び乗って

出会った街角 独り立つ

過ぎ去るは 時ばかり来るはずはない

別れた後の 幻の世界



流れる 涙が 流れる

こんな 私にも

流れる 冷たい涙が

こんな 私にも



愛はまだ 見放していないと思っていたのに

いつの日にか

君のこと わかる日が来るだろう

降る降る・・・

降る降る 雪が・・・

降る降る 降る降る・・・

84.1.2



コメント(当時)

12月31日雪が降りました.何故だか知らんが,そしたら 突然真夜中2時過ぎだったかな.カメラもって三脚持って ルンルン気分で外に出て・・・寒かった.やっぱり雪は いいですね.特に夜雪は.雪を見るとうきうきしますね. そして6時ごろまたカメラ持ってオートバイ乗って行きました. 写真撮影.やっぱりいいですね雪は. けれどちょっと物足らないですね,ベト雪は.やっぱり北海道 は最高!!ちなみに私は受験生!? 前々から行きづまっていたものに化粧したらできてしまった年越しの作品. 深い意味はない. ちなみに私は受験生!!


コメント(02.5.27)

なんか思い出すな〜ぁ...ひたすら現実逃避してたもんね...