残夢 《のこりゆめ》



朝が来るなんてそんなこと 忘れていたような気がする

貴方の名前唇の 記憶の片隅にあったみたい

コーヒーの匂いに目覚めて私 今朝も又 ひとりぼっち

寂しさは独りで耐えられますか 貴方を愛してはいけないのですか



過ちを認めるなんてそんなこと 簡単なような気がする

貴方の面影 私の写真帳(アルバム)の片隅にあったみたい

もう日付は増えることはない 今では私が年上なのね

貴方はあの日のまま 微笑を浮かべているだけ



人を愛することがこんなに 辛いことだとは思わなかった

貴方とわかりあえる日が来ると 私独り思っていた

例えば小さな出来事が 二人を結ぶ鍵になる

窓の外はもう冬景色 今日はあなたの四十九日


84.2.2



コメント(当時)

”残夢《ざんむ》”と読んだら困ります.《ざんむ》ではちょっと響きが 悪いので《のこりゆめ》としたわけです.つ,ついに一人殺してしまった. 死因は交通事故.CELICA2000GT TWINCAM24で150km/h出して,そのまま カーブを曲がり切れずに海の中.莫迦な奴なんですよこいつは.出来れば 小説の方にも登場させたいな.もちろん名前は”藤野雅文”で.だって 本当にやりそうで・・・.ちなみに俺の友人で死んだ奴はいないんだからな!! 何?CORVETTEで230km/hの方が良いって・・・!?わ,なんだその包丁は!!


コメント(02.5.30)

小説か...そう言えば書いてたっけ...