恋情 《こいごころ》



秋の狭間の心寂しい時に

白い窓辺の淡い日ざしの中には

貴方が本を読む姿

久しぶりに会えたけど 他人行儀な人だから

知らぬふりして通り過ぎるだけ

あの頃より美しくなった貴方はどこか大人びて

投げる小石が水面を騒がすように

私の胸の中にlemon色の模様を描く



通い慣れたこの道の影は長く

白い子犬が足早に過ぎ去り

空は爽やかすぎる

変わり行くのは 貴方の髪の長さと私の心の寂しさと

知らぬ間に遠く霞むだけ

あの頃 貴方の後ろ姿を追い掛けたけど

素直な言葉が伝えられずに

私の胸の中にorange色の風が吹く

                 84.6.5



コメント(02.6.15)

もうちょいって感じ