岐路 《きろ》



今日貴方に手紙を認めたのは

終わりを告げた愛に頼らずに 幸せになりたい気持ちがあるから

私は幼かった

貴方の事は忘れないでいきたい 私の小さな初恋として

あの頃の貴方の面影覚えてます

涙が文字を着飾ります 青いink綺麗でしょ

もう泣きません

貴方だけが私の初恋



今日私が旅人になろうと思ったのは

貴方にうちあけられなかった私に 溜息をつきたい気持ちがあるから

私は愛の外

貴方の心がほしかった ひとかけらでもいいから

快速電車がかけぬけます

雨が降ってきました 赤いlight遠ざかります

もうお別れです

私だけのここの初恋

                84.4.6

コメント(84.6.6)

どう書こうかなやんでいるうちに2ヶ月ほどたってしまった.まァ俗世間風に 言えば”ダサイ””クサイ””クライ”とでも言うのでしょう.何故かしらんが 浪人中の今創造性が”無”に等しいぐらい言葉が出て来ない.(これは言い訳です) 気持ちに余裕がないのだろうか.余裕を持つためにかいているのにかえって 考えるのに時間をとられすぎている.(今は12時数分前)浪人は絶対に経験するもの ではない.”根暗”に陥るだけだ!!(お〜ィ文が堅いぞォ〜)

コメント(02.6.15)

不完全っすね.