2005年11月27日(日曜日)インラインの話


スクータのタイヤから空気が抜ける.

朝,点検するも原因がわからない.

まあ,タイヤ交換の時期かな...

で,空気入れ持ってインラインへ.

なんかスケータが多い.スキーヤはお山かな.

スキーの疲れもあって元気でない.

ポジションも悪い.

スキーするとポジションが悪くなるのかな.

ポジション思ひだすと快適に滑るけど身体がお疲れ.

スキーと同じ筋肉使うので仕方ないのかな.

それでも滑り込んでいるうちにそれなりに.

まあ,こんなもんでしょうかね.

で,やはりタイヤの空気が抜けてる.

ならばとタイヤ買いに15時過ぎに撤収.

タイヤ交換しようかと思ったけど暗くなって来たのであきらめ.

来週はインラインでポジション確認っす.

ので,タイヤは今週末までには交換しないとな.

2005年11月26日(土曜日)スキーの話


バイオレットが滑られるようになったら丸沼へ行こうって思ってたら,予想以上に早く 滑られるようになって慌てて丸沼へ.

会長の話では数十年ぶりぐらい早い滑走面積が確保されているそうな...

設備投資頑張った成果だそうです.

感謝感謝です.

で,タイヤ履き代えないとならないので実家経由.

昨日が親父の誕生日だったことすっかり忘れてた...すみません.

誕生日だったこともあってちょっとのんびりしてしまったんで丸沼は0時過ぎに着.

寝る準備してビール飲んで早々に寝ようとするもなかなか寝付けない.

久々の長距離運転で疲れたようだ.

7時半に目覚ましがなって外を見るとみぞれ.

よしよしとそのまま布団に潜り込む.

8時半ごろみぞれが上がったので準備開始.

9時過ぎにゲレンデへ.

リフト待ち1分程度.

一気にコバルトへ行きポジションチェック.

板の長さと凸凹に身体を慣らす.

さてそろそろグリーンへ移動しようかと思ってたところで会長を発見.

後を追い第2リフトで合流.

あらら,グリーンに行かずバイオレットへ.

仕方なしにバイオレットを下ると右足だけで滑ってる.

でもポジションは理想的.

まあ,右足だけでもいいからと会長の後に続く.

何本か滑るうちにだんだんスキーの動きに身体がなじんできて左足も使えるようになってくる.

ここまでになるといままでの滑りの中で一番ましなぐらい快調.

会長にも初すべりには見えないって言われる.

う〜む,インライン効果絶大.

両足が使えるようになるともう快適そのもの.

やっと追い求めてたすべりを実感した気がする.

とはいうものの,すべりこむとバランスを保つ筋肉がお疲れのためかだんだん身体が後傾になってくる.

なんかインラインが恋しくなる.

ので,明日はインラインしよっと,14時過ぎに撤収.

帰路.

高速は順調だったけど,下道に出てからがのろのろ.

18時前には到着しました.

明日はインラインです.

気分は雨降った翌日道満のバックストレートが使えなくなんか物足りないときのインラインみたい.

長々とダウンヒルしたい...

2005年11月23日(水曜日)インラインの話


文化の日でお休みなのでインラインへ.

行った早々ナカネ師匠に教えて頂く.

ついに体得...結果,はえ〜ぇ...

「はやい」ぢゃなくて「はえ〜ぇ...」

漫画チックだと<「はえ〜〜〜〜〜〜〜〜ぇ!!!!」

って感じ.

まだ速度調整ができないので,いわれるがまま滑るとひたすら加速し続けるっす.

いやいや驚いた.

パワーで滑るわけでないのでどこまで速度が出るのだろうって感じ.

が,まだ筋肉が育ってないので身体が悲鳴をあげてしまふ.

でも,スキーで使ってる筋肉ぢゃないですか.

そうそう足首のあるブーツとストック使って坂下ったらスキーチックに滑られました.

ので,スケートしててもスキー滑りには問題ないみたい.

ということでスキーもスケートも基本は同じようです.

よかったよかった.

来年はもっと滑り込もうっと.

週末の土曜は丸沼へ初すべりの予定.

2005年11月19日(土曜日)インラインの話


初すべりの便りが聞こえるようになってきたけどインラインへ.

今日も北風がつよい.

まあ,山は雪降ってるんだろうな...

で,まずは坂を使ってポジションの確認してから周回へ.

この北風ではつらいとわかっちゃいるが...やはりつらかった.

ので,そろそろスキーモードに移ろうかと坂で練習するも,内足に乗ってしまひスケートポジション.

困ったもんだ.

外足意識するとホイールがもったいないので,股関節に圧をかける程度で調整.

次は80mmのホイール持って来よっと.

と,あれこれ遊んでるとナカネ師匠がいらっしゃったのでスケート技術を教えて頂く.

ダブルプッシュを教わるけど,正確にはインプッシュのみなのでシングルプッシュとのこと.

アウトのときはそのまま抜くそうな...

トップスピードに近くなるとどうしても蹴ってしまふ.

身体の使い方を教えて頂いたけど,使い慣れない筋肉使ってるのでお疲れ.

次回のテーマです.

明日はマラソン大会があるとのことで公園が使えないのでお休みです.

2005年11月12日(土曜日)インラインの話


朝のうちは雨との天気占いであったが起きると晴れてる.

ので,インラインへ.

行くと誰もいない...

朝天気が悪かったから出だしが悪いのかスキーに行ってしまったのか.

まあ,空いているにこしたことない.

いつものように周回すると北風が強くて向かい風だとぜんぜん進めない.

1周で諦め.

で,ナカネ師匠に教わった坂を使った練習.

思うように動かない.

あれやこれや繰る返しているうちになんとなくってポジションが感じられてきた.

ので,平地で試してみるがなんか違う.

また坂に戻って練習.

う〜む...

もしやと思ひ,坂を滑って上るポジションを身体に確認させてから風上に向かって滑ると...

狙い通り平地でもポジションを確認することができました.

いままでよりも5cmぐらい腰を前に出す必要がありました.

北風君ありがとって感じ.

このポジションだと坂を上ってる感じでポジションを取ればいいので北風吹いててもそれなりに滑れます.

調子こいて滑ってるとお尻の筋肉が痛い.

まあ,坂を上って滑ってることになるわけですからね.

ナカネ師匠に確認するとやはりこの筋肉を使うそうな.

やっとたどり着けました.

スキーのときは無意識に使ってたようだけど,結局スキーもスケートも使う筋肉は一緒のようです.

ナカネ師匠いわくスポーツするのに基本となるポジションとのことです.

あと20年早く教わっていたら人生変わってただろうな...

まあ,それだけちゃんと指導できる人がいないってことでもあるんだろうな.

まだ筋肉を意識しないとポジション取れないので,滑り込んで自分のものもしないとな.

明日は結婚式に呼ばれているのでインラインは来週までお預けっす.

2005年11月11日(金曜日)からだの話


一昨年度に背筋を崩壊させてからは身体のメンテに気をつけている.

特に背中に違和感を覚えたら整骨院に行くようにしていたのだが,このところ調子よかったので行かずにいた.

が,スケートをして背筋をこき使ってるのだからと久々にメンテを受けに.

すると背中の真ん中あたりの筋肉に張りが出ているとのことであった.

なるほど.これなら背筋に違和感を感じないわけだ.

背筋を酷使しているけど滑り終わった後にアイシングしている効果がでているのかな...

いづれにしろやはり定期的にメンテを受けにいこうっと.

2005年11月9日(水曜日)インラインの話


坂を下ってるとスケートが走っているのか,坂に走らされているのかわからない.

だったら平地を走らせられるようになった方がわかりやすいと気がついたのが先シーズン.

んで平地滑ってたらスキーもスケートも基本要素は同じではないかと思ひ始めた.

ので,今シーズンからインラインで坂を下るのをやめて,スケート技術の習得に励むことにした.

まずは道具から.

スケートをするのだからスケート用のローカットの靴を購入した.

足首が固定されていないのでなかなかバランスが取れない.

靴擦れを起こして足がぼろぼろ.

なんとかバランスが取れるようになるまで1ヶ月要した.

内足が使えるようになるまでさらに2ヶ月を要した.

で,夏になってなんとか滑れるようになった.

夏が終わったころに自分でスケートを操られるようになった.

いい位置に乗れるようになったためか靴擦れもしなくなった.

結構自己満足であった.

そんなときナカネ師匠が内足の使い方を教えてくれた.

スキーではやらない(やれない)動きだけどさらに滑りやすくなった.

もう満足満足.

でも,次にナカネ師匠からかかとを踏むように言われた.

かかとを踏むのはご法度だが...言われた通りに自己研鑽.

すると,これまで思っていたかかとを踏むというイメージとはほど遠く,母指球側にかけていた 圧力をかかと側に移動させるという感じである.

そのためには頭の位置を数cm程度後ろよりにし,そのままでは単なる後傾に陥るので,腰位置を 数cmほど前にだして,いままでのバランス位置を保ったままで,つま先を引き上げると,足を ウイリーさせている感覚になる.

するとスケートが勝手に動き出すのである.

そのバランスを保ち続けられれば,かかとを踏みにいくだけで走るのである.

う〜む...奥が深い...

さてはてこれらがスキーに役立てられるかは現時点では不明だけどシーズンを通して検証してみるつもり.

2005年11月8日(火曜日)インラインの話


弟子?から誘いがあり,会社を抜け出し午後からインラインへ.

さすがに平日ともあって空いている.

ザウスがあったころは常にこの程度だったのにな...

14時の約束だったけど,30分ぐらい早く到着.

トイレに行くとばったり弟子と遭遇.

吉原君も学校が終わったとのことで滑りに来ていた.

学生がうらやましい...学生には戻りたくないけど.

弟子と合流してそのまま周回へ.

南風が強い.

最近無駄な力を使わずにスケートをより走らせられるようになって来たのでそんなに苦にならず.

それよりロングランの疲れか身体が重ひ.

1周すると吉原君のお父さんもいらっしゃっていた.

親子して熱心.

FILAのサポートを受けられるようになったとのことで次シーズンモデルの90mm4輪のスケートを持参されていた.

若者にはぜひとも成長して頂きたいものだ.

27cmとかなり大きいサイズだけど試しに使わせて頂いた.

市販品も進歩してますね.

ロングランによさげ.

弟子と話しながらのんびり周回を重ねているとナカネ師匠もいらっしゃってた.

さっそく教えを請う.

スケートの動かし方を教えてもらう.

なかなかポジションが取れず難しい...

いいポジションに乗れるとスケートが楽に動く.

奥が深い.

地味な練習だけど慣れないので力を使ってバランスを取ってたようで筋肉がお疲れ.

使えてなかったバランスでした...

次からのテーマは”スケート走らす”から”スケートを動かす”っすね.

2005年11月6日(日曜日)インラインの話


ずぅ〜と長い間,悪夢を見続けていた.

楽しい仲間達に救われてやっと脱出できたので雑文を再開.

で...初めてロングランなるものに挑戦した.

いつもの公園から葛西臨海公園まで35kmをインラインで滑走するというものである.

35kmとはいつもの公園を8周するのに相当する.

このところ坂下るのをやめて,スケートテクニック習得にはまり,周回するようになっていたので普段滑ってる周回+αって感じ.

メンバはインラインで仲良くなった仲間と総勢7名.

9時にいつもの公園の駐車場で待ち合わせて出発.

天気はうす曇で午後から雨との予報.肌寒いけど滑りだすとちょうどよい気温.

道中はほとんど河川敷の自転車路を滑るのだけど,途中舗装が悪かったり良かったり,橋を渡ったり階段下りたりと結構サバイバル.

犬が飛び出してきて蹴っ飛ばしてしまったり...周回では味わえないようなイベントが盛りだくさん.

野球にサッカー,ゴルフ,アメフト,ラクロス,怪しい集団等々...

河川敷がこんなに活気があるとは思ってもいませんでした.

風景見ながらのんびり滑るのもいいっすね.

ゆっくりペースだったけど満喫しながら滑ってたのであっという間にゴールって感じ.

3時間ちょい.

埼玉方面は雨が降り出しているとの情報なので,ゆっくり昼食.

午前中ひと滑りスキーを終えてみんなで食事してるって気分.

臨海公園の食事もゲレ食って味だし...

天気よければお弁当持って外で食べるのもいいな.

電車乗っていつもの公園に戻ると雨.

いそいそと帰宅しました.

いやいや本当に久々に楽しみました.

感謝感謝です.

次回は熊谷→いつもの公園の47kmに挑戦です.