2004年5月30日(日曜日)なんとなくの話


動満カップが開催されるとのことでいつのも坂が使えなく,金曜にトレーニング,昨日はインラインしたら,身体が悲鳴あげてるようなので 下駄履きお散歩をする.

結構いい運動になりまする.

2004年5月29日(土曜日)インラインの話


そろそろ運動せねばいかんと,河川敷へ

で,いつもの坂へ向かうとやたらと人が多い.

明日の大会に向けた事前講習会であった.

前の日にそんなことやってんのすっかり忘れてた.

が,午前中には終わるとのことで,とりあえず一安心.

で,いつものように1周しに行くと,第3坂にフリュのメンバが来てる.

これまでアドバイスしてたやつらは4年生になったらしく,忙しくて来れないだろうとのこと.

そっか,もうそんなになるんだとしみじみ...

確か以前にアドバイスしてあげた面子だったので,簡単にアドバイスしてあげる.

当分,セットされそうもないので合間をぬってやりたい動きをあれこれ試してみるが,まだ不安定なんで尖がったホイールだと ちょっと厳しそう.

と,たいして滑ってもないのに久々なためかなんかだるい.

このまま帰ってるのももったいないので,もう1周してから帰宅.

相変わらずやる気がでないが,梅雨入りしそうなので,まあいいかな.

2004年5月25日(火曜日)インラインの話


このところ,仕事をまじにやり過ぎてた上に,危惧してた結果に陥ってしまった.

こりゃ,やってらんね〜ぇとぶちきれる前に,幸い4月から裁量労働制とやらいう残業せずに成果だせいって,会社にとって誠に都合 がいい制度となったんだったと,制度の有効利用しに久々にインラインへ行く事にした.

久々なので身体が重いと思いきや,結構動くぢゃないですか.

こりゃ,明らかに風邪でなく花粉症っすな...

で,北風なので以前のように第3斜面し下の木陰を陣取る.

いつものように,1周してから最近イメージし始めた立ち幅跳びによる切り換えをインラインでの表現を試みるが さすがに坂だと圧がかかり過ぎてずれてしまふ.

この練習をするのはポール斜面の方がいいようだ.でも,あっちだと幅が狭いんで結構怖いんだよね.

次に,課題としている外足の素早い捉えの練習方法を模索する.

が,なかなかイメージしたい動きが表現できない.

やはり,インラインの限界なんですかね.

もっと足元が踏ん張って欲しいのだが...まあ,おいおいずれに慣れてくればいいかな.

で,なんかずりずりするので,ホイールチェックすると,かなり減っちゃってる.

この程度で,こんなに減るなんて,インランぢゃやりたい動きを習得するのは無理ですかね.

う〜む,何かいい方法はないものだろうか...

2004年5月20日(木曜日)なんとなくの話


スキーシーズンが終わって1ヶ月が過ぎようとしてる.

GWは最後の滑り込みだ〜ぁって意気込んでたけど,思ってた通りというのか雪解けが激しくて ポールが立たなくなってしまった.

以前はゴールドに立てていたこともあったそうだけど,いまは嫌がられるそうで,あとは自主的に遊ぶしか ないそうな.

となると,突然おもちゃを取り上げられた子供のごとく,突然遊ぶ気が失せてしまふ.

加えて例年通り風邪を引いてしまったせいもあって,だらだらモ〜ドに突入.

しかし,ぜんぜん回復することもなく,テンション下がったまま.

2シーズン公認大会に参加してみて,実際大会で勝つとなると,自分の持ってる体力気力能力etcをぎりぎり100%まで 発揮させないとならんことがわかった.

で,自分の能力以上の100%を超えると制御不能になり破綻をきたしてコースアウト...よくいう,”自分の能力を 120%発揮しました”はスキーでは通じない...

んでもって現状の自分の持ってる体力気力能力etcフル活動させても上位の方には勝てない...

まあ,経験不足なところもあるけど.

#現状は知恵がないぶん,気力で勝負してるってことになりまする.

んでもって,問題発生.

自分の持ってる能力でもそこそこの成績は出せることはわかった.

大会によっては,1桁入賞も現実にできそうな感触も得た...

が,本当に強い方と勝負するには体力気力能力etcをさらに向上させんと勝負にならん こともわかった.

で,例年通り体調管理やってたつもりだったんだけど,体力気力能力etcの浪費が例年以上に 激しかったようで...まあ,背筋崩壊させたのもその認識不足の結果ですが,例年通り ぢゃ不足だったみたい.

で,医者からそこまでするなら,すでに素人の領域超えててプロ並みのケアしな されと言われ...自分中ではそこまでして勝ちにこだわる?って悩み始めたのも ありまする.

そんな頑張ってどうすんの?→自己満足の世界って図式が崩壊しかけてるって感じかな.

#もっと気楽に楽しめばってささやく自分がいまする.

これまでは自分の持ってる体力気力能力etcの範囲で活動してきたんだけど,来シーズンさらに上位を目指すなら, いま持ってる体力気力能力etcをさらに高めんとならんってことっす.

人生経験上,体力気力能力etcをいま以上さらに高めるって非常に大変だってこと に知ってるだけに,うだうだしちゃうわけっす.

もともと,できないことに出会ったとき,それが悔しいと感じると習得に熱中する性格っす.

で,ある程度できるようになると飽きてしまふ...

おらの人生,常にこの繰り返しっす.

で,気が付くとオールラウンドな人間になってしまった...

で,人からはオールラウンドな人間として羨ましがられるんだけど,自分では 何事にも中途半端なんだな〜ぁ...って反省.

1つぐらいは一芸に秀でたことがあってもいいぢゃんって思ひ,スキーを突き詰 めてみようと思い至ったわけっす.

そして...やはりある程度までいくと飽きてしまふ自分がいる.

んでもって,競技スキーだとしても人様と戦ってるつもりはなく,自分との戦い.

自分の能力をどこまで高められるかを競技スキーって形で表現してるっす.

競技は基礎と違って速ければいいんで単純でわかりやすいからね.

#基礎のようなスキーでダンスする気もないし...

インライン,黄金崎,ダイビング...etcは,自分ができないことに挑戦してる って意味で自分のなかでは戦いでした.

余裕を持つ...成長してる過程では貪欲に,がむしゃらに経験を積んでいった 方が効率的,行き詰ったときは,あせらず,余裕を持って構えてた方がいいって 方針です.

そういった意味で,いまは成長過程がひと段落したんで,のんびりしてるつもり なんだけど...

つまり,自分としては,自分の成長を楽しんでるつもりなんだけどね.

ただ,確かに社会人として怪我して仕事に差し障るまではしないように制御は してます.

背筋を痛めたのは,これまで経験してなかったことなんで,この先ちゃんと対策を たてる必要がありまする.

こういうことを含めて,自己研鑽の一環として自分の人生を楽しんでるっす. 意味あるか否かは,やはり価値観の問題ってことなのかな.

確かに,この先,国体にでられるようなことがあったとしても,社会的には意味は ないっすね.

でも,自分の中では,価値の大きなことなんだけど...やっと自己満足できること ができたって...

が...やはり競技スキーにも飽きてきた今日この頃...そんな自分に困ったもんだ.

で,いままでならここでやめてると思ふけど,今回は周りに協力してくれる仲間ができた ので,もう少し突き詰めてみようかなって思ってる今日この頃,いかがお過ごしでしょうか?

2004年5月3日(月曜日)インラインの話


GWは丸沼で滑り込みだ〜ぁ,って気合入れてただけに,やれないとなると一気にテンションが下がる.

加えて風邪引いてやる気ないモ〜ドにさらに拍車がかかる.

ので,GW前半はスキー用品のお片付け&映画観賞してだらだら過ごす.

が,だらだらしてると筋力体力落ちちゃうので,無理やりインラインやりに河川敷へ.

でも,風が強くて1周するのも一苦労.

ますますやる気が失せる.

いつもの坂へ移動するとポールが立ってる.

が,ポールをやる気はなかったんで道具持って来ていない.

ポールの合間をぬって練習するも風の影響とそもそもやる気がないんでぜんぜん楽しくない.

楽しくなくても,運動しなくてはとそれなりに滑り込み.

お仲間が道具を貸してくれて1本試しにポールを滑ってみるが身体がまだインラインに切り替わってないためか 足元が不安でめちゃ怖い.

まるでD印のSL板で滑ってるって感じ.

ホイールを新しいのに替えるか,この不安に慣れるしかないっすね...

いづれにしろ,楽しくないので早々に退散.

まあ,無事シーズン終わったことだし,しばしゆっくりしませう.