2003年2月23日(日曜日)スキーの話


苗場の大会2日目.天気は悪いそうな...おらのときは雪やんだけど...

わかっちゃいたけど高速セットの洗濯板状態が苦手のようです.

ので,タイムは昨日とそんな変わらず...情けない.

これも実力のうち.

まだまだ修行が足らんす.

帰り下道を酷使しました.5時間弱かかりました.

2003年2月22日(土曜日)スキーの話


苗場の大会.天気は悪いそうな...でも1日もった.

こけました.

フルアタックかけてここを抜ければってところで雪溜まりに足を取られて...

これも実力のうち.

まだまだ修行が足らんす.

2003年2月16日(日曜日)スキーの話


大会2日目.天気予報通り天気悪化しそう...

昨日の大会終了後,練習斜面探したけどどこもコースが短すぎて適したところがないっす.だめぢゃん.

と,前走を勤めた片山氏と遭遇.ついていくとやはり両ストックをついて調整してまする.

まねするけど,いまいち感覚が戻らない.だめぢゃん.

するとだんだん雪が降ってきてガスがでてきた.

まあ,前が見えてるからこの程度なら問題ないっす.

で,スタート.

上部の緩斜面は腕がでてたけど,急斜面の入り口で身体が遅れてしまい,頑張ってストックをつくといい感じぢゃんすか.

と思ったのもつかの間,下部の緩斜面に大きなクレータ状の穴があいてて身体が重力に押し付けられて重いっす.

よっこら立ち上がると2つ目登場.こっちもよっこら立ち上がったけど,すでに遅れまくり.だめぢゃん.

いそいそ切り換えて,ゴール.つ,つかれた...

今日もラップから3秒遅れの25位.

どうしてもラップから3秒遅れてしまうのはおいらのいまのすべりの限界なんすかね...

本番でも常に外腰に乗れるようになればタイムはあがると思いたい...

まだまだ修行の余地があります.

で,帰り.関越はひさびさの大渋滞の模様.ので水上ICで下りて下道モ〜ド.下道は空いてて4時間半で到着しました.

下道使って正解だったすかね...

さて,本番一発で外腰に乗るようにするにはどうすればいいのだろう...もうちょいストックを短くしてみるかな...

2003年2月15日(土曜日)スキーの話


大会参加のため石打丸沼へ.天気晴れ.

石打はコースが荒れることと緩から急斜面への進入でびびることで有名だが...

また人のうわさがあてにならないことを痛感...戸倉のダイナミックと変わらんぢゃん...

斜度がたいしたことなくても,どう滑るかは別問題だけど...

練習の成果を再現しようとあれこれ試行錯誤するけど,フリーするのに適した斜面がない...

ので再現せず...あちゃ,どうしんたもんか.

やっぱりまだ身体に馴染んでないっす.

で,スタート.

上部の緩斜面,雪が柔らかいので圧が感じられずポジションが良くわからんまま急斜面へ.

進入角度はOKだけど,スピード落とし過ぎたっす.止まりそう...

ので,かっとびモ〜ドと思いきや,目の前をおばちゃん?がコースを横切っている...?

ぎりぎりかわせてしまったのでそのままゴールしちゃったけど,再スタートすればよかったと後悔.

したら1分切れたかもしれない...う〜ん,経験不足.

にしても,どんなコース管理してるんぢゃい.

宿,よかったっす.ので,来年も出ようっと.

2003年2月11日(火曜日)スキーの話


ゲート練習4日目.最終日.

今日は午前中GS,午後はSLができるかもって話.

でも,担当は信用しきってる中村さんなのですべてお任せモ〜ド.

東洋大のスキー部の連中に混ざって練習.なんか騒がしいけど中村さんが何か意図してるのだと思って静観.

大変失礼だけどレベルが低い...ので,おらの刺激にはならん...が,逆を狙ってるのかな...

クローチング教えてくれた.違ってた...教わった通りすると板が良く走りまする.感謝.

斜面は2日目に使ったコース.ありゃこんなに斜度あったのってぐらいある.見えないってことはいいことかもしれない...

で,中村さんのアドバイスを忠実に守るとするする板が動き始めた.

ももに負荷かからずに外腰に乗れるようになったっす.ラインもわかるっす.妙に納得.調子でてきた.

午後もGS.SLもやりたい気分だけど,いまはGSに専念すべきなんだろう.

インスペ.ラインがなんとなく見える.進歩してるっす.

まだ不完全だけど初めて一発でOKをもらえた.

で,中村さんのご指摘を意識して滑ると,滑るたびに調子がでるっす.忘れると遅れるっす.

ラスト2本はもうこれまでにないぐらいするする状態っす.お陰でもやもやが晴れました.

で,ビデオ見せてもらいました.

谷まわりで内足が使えてないし,まだ上体が起き気味で,切り換えが遅いけど外腰に乗れてるのでよしとしよう.

いや〜ぁ,ほんと.良い練習になりました.感謝感謝です.

それにしてもよく4日間も体力もったものだ...

もっと練習しないといかんな...

2003年2月10日(月曜日)スキーの話


ゲート練習3日目.

今日はSL.

わかっちゃいたがぜんぜんだめっす.

でも,どうすればいいのかわかったのでもっとフリーで動けるようにしますです.

2003年2月9日(日曜日)スキーの話


ゲート練習2日目.

今日もGS.緩から急へ変化する斜面を使った練習.

が,ガスで視界が悪い.1〜2旗門目しか見えない.

でも大松山では大会やってるんだからこういう状況も遭遇するとになるのだから気にせず練習.

午前中はぜんぜんNG.昨日できてたことが再現できない...

お昼にちょこっとガスが晴れたのでフリーでポジションちぇっく.

やはり違ってた...

で,午後.

ポジションチェックのためと視界の悪さにも慣れたのか身体が動き始めた.

もやもやが取れ始めました.

2003年2月8日(土曜日)スキーの話


ゲート練習しに峰の原へ.

HPで見つけたスクールでどういう扱いされるのか心配だったけど一見さんにもかかわらず対応が親切で予想以上にGood.

アドバイスが端的で的確っす.

初日はGS.

まず,フリーで動きのちぇっく.もっと深回しできるように板に乗り込むようにとのこと.

やはり...でもそれができないから練習に来たわけで...

それから急から緩へ変化する斜面でポールを使った練習.

インスペしてもわからんのは相変わらず.

で,滑りを見てもらったらぜんぜんなっとらんと怒られた.

そんなことわかってる.

ライン取り等含めてポールの滑り方がわからんから教わりに来たんだと伝えると承知してくれたようだ.

それなりに技術持ってるから滑り慣れてるのだと誤解されてたようだ...

で,クロスオーバさせるところにショートポールを立ててくれた.

やはり入射角変えずにそこまで切り上げないといけないのってぐらい高いっす.

ももに負荷かかるから手抜いてたことを認識...だめぢゃん.

ショートポールのお陰でだんだん動けるようになって来たっす.

で,予想とおりファイヤレーシングの方がいらっしゃいました.

結構話好きの方でいろいろ教えてくれました.やっぱりファイヤにすればよかったかな...

大会でお会い出来るのを楽しみにしてます.

2003年2月2日(日曜日)スキーの話


岩鞍のGS大会.

晴れ.

でも,気温は低めなのでまた斜面はがりがり&掘れっすかね...

コースは聞いてた通りチャンピョンの上から下まで...

んで,あのチャンピョンコースをかなりの高速セット...

未知の世界...インスペで,びびりが入ってしまった.

それに待ち時間に余計な情報を耳にしてしまったんでスタート前からすでにNG状態.

もうだめぢゃん.

だめぢゃんで,スタート.

上部の緩斜面を抜けて大斜面へ.そして広がる視界...

とたんに恐怖心が湧き上がる.中盤の斜面でさえぜんぜん攻められない...ポールに寄れない.

身体が動かん...ポールが遠い...

スルーを抜けて終盤の急斜面へ...なんとポールを見失ってしまふ...

見失ったポールを抜けて...あちゃ〜ぁ,たいしたことないぢゃん...って気が付いたときにはすでに遅し...

結局,最後まで攻められずに終わってしまった...

惨敗.

たいした荒れぢゃなかった...174番スタート.

草レースならかなり早い滑走順.

んでもって,上手い人順スタート.荒れてるって言ったてたかが知れてる.

昨年,岩鞍の大会を経験してるんだから冷静に考えれば荒れてるっていってもたいしたことはないって知ってたはず.

いつも通り滑ればあと5秒は縮められたと思ふ...

スキーは自分との戦い.そして自分に負けた.

競技始めて初めて悔いの残る試合をしてしまった...

大会終了後,悔しくてチャンピョンコースを上から下までクローチングで滑り降りた.

3回やった.

フリーなら何度でも出来る.まだ出来たけど混んできて危険が危ないのでやめた.

ふと気が付くとリフト待ちしてた人たちから驚きのまざなしを頂いてしまった...とほっ...

リフト待ちで見える斜面をクローチングで4回り程度で滑られれば確かにおらでも驚くかもしれんけど, いまなら直滑りでもOKそう...

でも,がりがりで荒れてて規制されたポールの中で実践できなきゃ意味ない...

んでもってエキスパート下部に移動.

ここでも同じくクローチングで大回り.

大会でもここまで凸凹にはならんだろうという状況でも,雪がやわらかいので恐怖心さえ押さえ込めれば ぜんぜん問題ない...

ぜんぜん問題ないってことがわかったんでつまらなくなって女子国体西山へ...

でもリフト混んでたので撤収することに.

女子国体沢の途中から廊下へ.

がりがりでなければ問題なし.加圧しすぎてずれる...

んで今日のファミリががりがりっす.がりがりされても,ずれに乗ってけば問題ないっす.

それこそ,がりがりされても無理に踏ん張らずトップコントロールで,ずれに乗ってけばタイムでること知ってるはずぢゃ ないっすか...

出来ないことをやろうと無茶しちゃいけないけど,出来ることをやれないなんて情けないだけっす...

恐怖心を押さえ込み過ぎて自分の限界を超えたてしまったらそこでおしまひっす.

闘争心を出すのではなく,常に冷静でいること.

恐怖心は防衛本能.

おしまいにならないように自分を制御するっす.そのために持てる技術を最大限に利用するっす.

おらに不足しているのは経験なんだから,せっかく伝授して頂いた技術を最大限に使わないと経験豊富な方々には勝てっこ ないっす.

まだまだ修行が足らんす.長い板も必要っす...

やっぱりスーパーGにも挑戦するっすかね...

2003年2月1日(土曜日)スキーの話


岩鞍のSL大会.

天気予報では曇りのはずが雪降ってる.

今回ご一緒させて頂くのは武蔵野SCの中でも異色な方々.お2人とも国体出場者です.

話,説得力あって誠に参考になりまする.やはりまだまだ修行が足りませぬ.

さて,初のSLの試合.

ぜんぜん練習なんてしてないのでインスペしても状況が良くわからん.GS以上ぢゃ...

目標はポイントを頂くこと.なので完走しても2本目に残らんとならんのだが...

で,スタート...

溝というよりバンクっすね.ボブスレコースって感じかな.

バンクを利用した方がいいとの話だけどバンクに入るとポールから離れてしまいこんなとこ通りたくないって感じっす.

気分はGS.

バンクに沿って滑ればいいので楽っす.でも終盤ももに乳酸溜まりまくって辛い...

ゴール.

56秒.ラップから13秒差.まあ,こんなもんでしょ.順位は89位.なんとか2本目に残れました.

2本目はタイムの逆順なのでゼッケンばらばら.スタート地点へ行くタイミングがよくわからんす.

ので,早々にスタート地点へ.長々待たされてスタート.

2本目の方が綺麗なバンク.ので同じ作戦.無事ゴール.

結果,タイムは合計なのでよくわからんが82位.

いいのか悪いのかもわからん.まあ,目標達成なのでよしとしよう...

夜,古川さんから板のチューンのうんちく頂く.すごく参考になりました.

板ちゃんと手入れすれば5秒は縮められるそうな...まあ,3秒ぐらいとしても...3秒縮まればラップに近づくぢゃないっすか.

手入れ頑張ります.