オープンウォータ.

ライセンスを取ったときにある人から頼まれて書いたものがあったのでそれを書き直してみた.


概要

8/28〜30を利用して某ショップ主催のライセンス講習会でOWを取得

講習は2泊3日で行われ実技は初日,2日目にプール実習,3日目に海洋自習,

学科は初日,2日目の夕食後19:00〜21:00に行われ,テストは2日目の夜に実施された.


実習

ダイビングをするのに必要となるレギュレタクリア,マスククリア,潜行浮上,中性浮力と最小限の 技術修得をプールで行い,海洋実習にて技術の修得試験をする.


学科について

講習はJP規定の教本を使用せず,必要最低限の知識をまとめたプリントを使用する.テストはその プリントの内容に関した設問が出される.


感想

グロリアでライセンス取得するメリットは安く・簡単・お手ごろ・楽しく・苦無くと言うことであろう.ただその他 簡単・お手ごろ・楽しく・苦無くと言うことであろう.ただそのためにダイビングするのに実際に必要となる 技術/知識を与えられず,にわかダイバ,ファンダイバ,リゾートダイバとして年に数回潜る程度ならば特に 支障はないと思われる.裏返すと緊急事態/パニックに陥ったとき生命を落す確率は高い.また,運動能力 のある者もしくは体験ダイビングの経験者にとっては問題ないが,泳げないような運動神経の鈍い方には内容< が薄すぎると思う.


安い理由:薄利多売
他のスクールの場合はライセンス取得費用にショップの利益および経費がもう少しかかるのでグロリアほどの料金 では取得出来ない.グロリアは儲けを加算しない,費用をかけないかわりライセンスを大量に発行し,ショップの メンバとして(ここからミルキウエーブになる),あたかも超お得かのように知らしめてショップのダイビングツアーに参加 させる,器材を買わせる等の方法を使って利益を回収しているようである.ツアーは割高だし,グロリアで販売している 重器材はダイビング機器の中で最も利益があがり最も壊れやすい器材として知れ渡っている.また,ライセンス算ンス 祉塔X取得もJPの規定では海洋自習は4本以上潜らなくてはならないところを1本だけにしている,JPの教材を使用しない ことで経費を節約している.


グロリアの有効利用方法

夏に趣味程度として数回潜る気しかないファンダイバとしてダイビングをやって行く,ライセンス取得後もペーパダOをやって 行くもしくはライセンス取得後もペーパダイバであっても,安くライセンスが取得出来るので良いとは思う.しかしもし海が荒れ た,パニック陥った,ガイドがあてにならない奴だった,メンバからはぐれた,等の必ず起こりうる状況いと言わざるを得ない. ただし,他にはに出会したとき有効な対処方法を知らないので,生命を落す確率が高いと言わざるを得ない.ただし,他には もっと悪徳なスクールもあるのでそれらと比べれば良心的であろう.